どのマスクを着用するべき?

882
- 広告 -

コロナ感染症は呼吸器に重い症状を引き起こす病気で感染力が強く、現在、世界中で都市封鎖が行われています。人によっては無症状だったり軽症だったりしますが、医学的合併症から重症に陥る可能性もあります。

マスクを着用することでコロナ感染症にかかる危険性を最小限に抑えられるのでしょうか?もしそうだとしたら、どんなマスクを着用するべきなのでしょうか?

マスクの効果は?

コロナ感染症は、咳やくしゃみ、さらに呼吸をする時に出る飛沫によって感染します。コロナウイルスが付着した飛沫が呼吸器に入り込んでしまうと、感染します。ウイルスが付着している場所を触りそのまま顔に触れた場合も、やはり感染する恐れがあります。

マスクを着用することで、着用者と外界の間に物理的なバリアを作り感染を防いでくれます。着用者が感染している場合には、マスクを着用することでウイルスが飛散することを防ぎ、着用者が感染していない場合には、ウイルスに感染することから守ってくれます。

一番使用されている3つのマスクの種類

  • 布を使用した手作りマスク
  • 使い捨て外科手術用マスク
  • N95マスク

次のページでそれぞれのマスクについて詳しく見ていきましょう!